飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー

最適なスピン量は?ドライバーの飛距離との関係を把握しよう

投稿日:2018年12月19日 更新日:

ゴルフの飛距離を決める要素は幾つかあり、その一つがスピン量です。この記事ではボールのスピン量について、飛距離との関係を取り上げます。

飛距離を決める3要素とは?

ゴルフでも野球でも同じですが、飛距離を決定する要素は3つあります。ボール初速、打ち出し角、そして、ボールのスピン量です。

ドライバーの飛距離アップのコツ、飛距離を決める3つの要素とは!?

どれぐらいの速さで、どの角度で飛び出し、スピンはどの方向にどれだけ掛かっているかで、飛距離が決まります。

ボールのスピン量とは?

ボールのスピン量とは、バックスピンの量です。パッティングの場合は、転がる方向へ順回転が掛かりますが、ドライバーショットではバックスピンが掛かります。

バックスピンが掛かることで、ボールには上に上がろうとする力が働き、この力が程よいとボールが上がり過ぎず、そして、早目に落下することなく、ボールをより遠くに飛ばすことができます。

最適なスピン量は?

まず、一般的なスピン量ですが、これは体格、スイングなどによりますので一概に言えませんが、スピン量が少ない人で2000回転/分、多い人で5000回転/分と言われています。ちなみにアマチュアは3000~5000回転/分ぐらいと言われています。

では、最適なスピン量は如何ほどかですが、これは打ち出し角やヘッドスピード(正確には、ミート率も加味したボールスピード)にもよります。アマチュアゴルファーでしたら大凡で、打ち出し角が15°ぐらい、スピン量が2000~2500回転/分が一つの目安になるかと思います。

ドライバーは低スピンモデルが増えている

先ほど、アマチュアの平均が3000~5000回転/分という数字を紹介しました。理想的なスピン量と比べると、かなりスピン量を減らす余地があることが分かります。

そのため、PINGのG400 LS TECドライバーに代表されるように、ロースピンを意識したモデルが発売されています。

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

スピン量を減らすことが飛距離アップにつながる

ここまでの説明で分かる通り、大凡平均的には、スピン量が多すぎるゴルファーが多いと言えます。もちろんスピン量が少なすぎる方、適正な方もいますので、ご自分のスピン量を把握することが重要です。

スピン量が多い方は、スイングの見直し、ティーの高さの調整、ドライバーに重心調整機能があれば最適重心に調整する、といったことが改善のポイントとなりえます。

重心と飛距離の関係

低重心・高重心とドライバーの飛距離との関係

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー
-, ,

関連記事

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

テーラーメイドから発売されているM2ドライバーの2017年モデル。前作から更に進化し、後継モデルであるM4も人気、Mシリーズの中でも注目のモデルです。このM2ドライバーについて、試打と評価、感想を紹介 …

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

タイトリストのTSシリーズのドライバー3本について、比較して違いを取り上げます。 ※追記2019/06/07同時発売のTS1ドライバーについては「TS1ドライバーの試打・評価・感想」をご覧下さい。 T …

フェードが打ちやすいドライバー5本!おすすめクラブはコレだ!

フェードボールで飛ばしたい方におすすめのドライバーを取り上げます。 目次1 フェードボールとドローボール2 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー【上級者向け】3 PING G400 …

EPIC FLASHドライバー スターとサブゼロの違い

キャロウェイから発売されているEPIC FLASHドライバー。AI Design、FLASHフェースが話題となっている注目のモデルです。 本記事では、EPIC FLASHドライバーの2種類の基本モデル …

ロフト角調整機能がある軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ドライバーの振りやすさを求めて、軽いドライバーが一定のゴルファーの間で人気となっています。 ゴルフクラブの製造開発面に目を向けても、技術と素材の進化が進み、一昔前では考えられなかったほどの軽量化が実現 …