飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 ヤマハ 」 一覧

インプレス inpres UD+2 フェアウェイウッド 2021(3代目)の試打・評価・感想

ヤマハから発売のインプレス UD+2 フェアウェイウッド 2021について、試打や感想を交えながら取り上げます。

インプレス UD+2 フェアウェイウッド 2021の特徴

インプレス UD+2は2017年モデルが初代で、2019年モデルが2代目、2021年モデルは3代目となります。

新開発のスピードボックスがボールスピードをアップ

3代目モデルの最大の特徴は、新たに搭載されたスピードボックスです。

ドライバーと同様に、クラウン・ソールのフェースの直ぐ後ろのエリアに、凹状の構造が採用されています。

この形状を採ることで、フェース周辺の剛性が高められ、インパクトエネルギーのロスが極限まで抑えられ、ボールスピードのアップにつながります。

オフセットがあり、つかまえて飛ばせる

フェースの位置が一般的なフェアウェイウッドよりも後ろに下がっていて、トップラインで見るとオフセットがあります。

後ろに下がっている分、インパクトタイミングを遅らせることにつながるため、フェースが返ってしっかりボールをつかまえやすくなります。

右へのミスを抑えたい方、しっかりつかまえた力強い弾道で飛ばしたい方におすすめです。

インプレス UD+2 フェアウェイウッド 2021の試打・評価

インプレスUD+2フェアウェイウッドのテクノロジーを詳しく解説

  • 無駄な振動が抑えられ、ボール初速がアップするスピードボックスというテクノロジーが搭載されている。
  • シャローでヘッドサイズは大きめで、球を捕まえやすい顔つきになっている。
  • ドライバーと同様、右に飛ばしたくない人向け。
  • 球は上がりやすく、つかまりやすく、右にも左にも曲がりづらい。
  • ヘッドスピードが35~40前後ぐらいの方で、簡単にゴルフをしたい方に適している。

プロがインプレスUD+2 2021の全モデルを試打・評価

  • 5番・7番は、前作より音が静かでカーボンっぽい。
    (参考:カーボンは使われていません)
  • 3番は打感が違う。5番の方が柔らかくて、やさしい。
    (参考:フェース素材は、3番が6-4チタン、5・7番がマレージング455)

インプレス UD+2 フェアウェイウッド 2021のスペック

クラブスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 14.5 17 19 21.5
ライ角 58 58.5 59 59.5
フェース角 0 0 0 0
ヘッド体積 189 164 150 138
長さ 43.5 42.75 42.25 41.75
重さ(SR) 291 297 301 305

シャフトスペック

標準シャフトは、Air Speeder for Yamaha M421fで、スペックはS、SR、Rの3種類あります。

エアスピーダーとなっていますが、シャフト重量自体はS、SRでは変わらず、Rで3g軽くなっています。

inpres UD+2 2021ドライバー(3代目)の試打・評価・感想の最新情報まとめ

 







歴代インプレス inpres UD+2ドライバーを一挙紹介!

ヤマハから発売の「inpres UD+2」シリーズは、特徴とターゲットゴルファーが明確で分かりやすく、アベレージゴルファーのニーズをストライクに捉えていることから、初代モデルから人気があります。 これ …

インプレス inpres UD+2 ドライバー 2021と2019の違いを徹底解説!重心角が軽いのはTSi1

▼インプレス UD+2ドライバー 2021の最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ inpres UD+2 2021ドライバー(3代目)の試打・評価・感想の最新情報まとめ ヤマハのインプレス …

RMX VDドライバーの最新情報まとめ!スライダー式のウェイト調整機能を搭載

★2021-04-27追記:RMX VD59 (Prototype)を追加掲載しました。 ヤマハのRMX VD・VD59ドライバーがR&Aのルール適合リストに掲載されましたので、最新情報を取り …

【2021年】飛距離が出るドライバー おすすめランキング

2020・2021年モデルのドライバーで飛距離が出るモデルをランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、各メーカーで現行最新モデルとしてホームページやカタログに掲載しているモデルとなります。 …