ヤマハ」カテゴリーアーカイブ

ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハから2019年後期に発売のRMX 220ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

RMX ドライバーの2020年モデルは2種類

RMXドライバーは、従来通り2種類のヘッドサイズで同時発売されています。RMX120ドライバーは、ヘッドがやや小ぶりなアスリート向けのモデルです。RMX220ドライバーは、ヘッドサイズが460ccのアベレージゴルファー向けモデルです。

RMX 220ドライバー

RMX 220ドライバーは、RMX 120ドライバーと比べるとストレッチが長くなっています。

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

ヘッド体積が大きいのに加えて、投影面積が大きく、安心して構えられるモデルです。

ヘッド形状は後方が薄く下がったシャロー形状です。重心が深くなっていますので、オフセンターヒット時の飛距離ロスが抑えられ、直進性の高い弾道で飛ばせます。

グースネック気味で、つかまりの良いネック形状になっている

※左:220(新作)、右:218(前作)

こちらは、220と前作の218のクラウンを並べた画像です。220の方がストレッチが長いのは一目瞭然ですが、もう一つ注目したい点は、ネックからフェース面の繋がり部分です。

220はFP値が小さく、リーディングエッジがシャフト軸に近くなっています。アイアンでいうグースネック気味で、フェース面がボール進行方向に対して引っ込んでいます。この形状の方が同じスイングをしてもインパクトが遅くなりますので、よりボールがつかまります。

ストレッチが長いことでヘッドの返りが鈍る分、ネック形状の工夫によりボールのつかまりをカバーしています。

新構造のBoostringにより、ボール初速がアップ

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

フェースのすぐ後ろの部分に、クラウンからソールにかけてリブが設けられていて、ホーゼルと一体のリング状の構造を形成しています。これにより、フェース近傍が固定され、撓みが均一になることで、インパクトの際のエネルギーが集中してボールに伝わります。

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

慣性モーメントがルール上限に近く、ミスに強い

RMX220はBoostringによる効果に加え、シャローヘッドで重心が深く設定されていますので、慣性モーメントが大きくなっています。

ルール上限の5900g・cm2に近い、5760g・cm2の大きさで、オフセンターヒット時の弾道のブレ、飛距離のロスが最小限に抑えられます。

参考までに、前作のRMX 218ドライバーの慣性モーメントは4700g・cm2ですので、RMX 220ドライバーでは大幅にアップしています。

リミックス・チューニング・システムにより、ロフト・ライの調整が可能

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

RMXは専用レンチでシャフトの向きを変えて差し直すことで、ロフト・ライを変更することができます。スリーブは90°ずつ回転して全4種類の設定に変更することができます。

調整項目 NORMAL HIGH UPRIGHT LOW
ロフト角(°) 0 1 0 -1
ライ角(°) 0 0.75 1.5 0.75

RMX 新旧モデルを打ち比べして評価

  • ゴルフクラブはフェースの横幅より、奥行きが長いのはルール違反。RMX220は奥行きの方が長く見えるぐらい、シャローになっている。慣性モーメントを大きいクラブであることが分かる。
  • 奥行があるとヘッドの返りが悪くなるが、ドライバーでは珍しくグースネックのような形状になっていて、つかまりの良いネック形状になっている。
  • 前作の218と打ち比べてみると、施策の220の方がミート率が高くて飛距離が出る。
  • つかまりは、ヘッド形状では218の方が良さそうに感じるが、実際は220の方がつかまる。

RMX 220ドライバーをゴルフ5のスタッフが試打・評価

  • 今までのヤマハは、コンパクトなヘッドで打感が良いイメージ。新作は、ヘッドが大きくて安心感がある。
  • ルール限界に迫る大きな慣性モーメントで、直進性が高い。
  • 初速も飛距離も、前作より出る。

RMX 220ドライバーについてメーカー担当者が解説

  • はじき感のからくりは、フェース周りの剛性をBoostringによって高めていて、たわむエリアがフェース周りだけになっている。
  • ボディーの後ろ側は殆どたわまないため、エネルギーがフェース周りに凝縮され、ボール初速につながっている。
  • ヤマハの従来モデルにないぐらい、慣性モーメントを高めているため、オフセンターにかなり強くなっている。

RMX 220ドライバーのスペック

ロフト角 9.5°(±1°) 10.5°(±1°)
ライ角 60° /(60.75°)/ 61.5°
フェース角
ヘッド体積 460cc
クラブ長さ 45.5インチ
慣性モーメント(g・cm2) 5,760
重心高 30.5mm
重心深度 44.5mm

RMX 220ドライバーのシャフトラインナップ

RMXシリーズはヘッド単体での発売となっていて、シャフトはスリーブ付きのものを購入して組み合わせて使用します。公式サイトで掲載されているシャフトは4種類あります。

  • TMX-420D(S/SR/R)
  • SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ(S)
  • TOUR AD XC-5(S)
  • Diamana ZF 50(S)

RMX 220ドライバーの発売日・発売価格

RMX220ドライバーは、2019年9月6日の発売、発売価格は、ヘッド単体で43,000円+税です。

RMXドライバーのRTS!ロフト角・ライ角の調整機能について徹底解説!

RMX 220 ドライバーの試打・評価は下記記事をご覧ください
ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハから発売のRMXドライバーについて、ロフト角・ライ角の調整機能であるRSTについて取り上げます。

なお、本記事で取り上げるRTSは、2015年以降の新RTSで、当記事執筆時点の最新モデルであるRMX120ドライバー、RMX220ドライバーに搭載されているものです。2013・2014年のモデルには旧RTSが搭載されていますが、互換性についても解説します。

RTSは、RMXのチューニング・システム

RTSは、リミックス・チューニング・システムの略で、RMXドライバーのシャフトの向きを変えることで、ロフト角・ライ角を調整する仕組みです。

シャフトとヘッドの接合部にはスリーブと呼ばれる部品が装着されています。RMXでは、スリーブの向きを90°ずつずらして刺し直すことが可能で、4通りのセッティングがあります。

RTSの4通りのセッティングの内容

スリーブによるロフト角・ライ角の調整は、専用レンチを使ってカチャカチャと脱着することから、カチャカチャ式とも呼ばれています。

スペック表などで、ロフト角が±1°、ライ角が+1.5°の設定が可能というように読み取る方もいるかもしれませんが、以下の4通りからの選択となります。微調整は行えず、ロフト・ライの組み合わせも予め決まっています。

調整 NORMAL HIGH UPRIGHT LOW
ロフト角 +1° -1°
ライ角 +0.75° +1.5° +0.75°

ロフト角を変更しない状態では、ライ角はそのままの状態、または、1.5°アップライトの状態にすることができます。ロフト角を+1°または-1°変更した状態では、ライ角は0.75°アップライトになります。

微調整、ロフト角・ライ角の自由な組み合わせはできない

逆にできないことを説明すると、ロフト角は1°刻み、ライ角は0.75°刻みでの変更となりますので、その間の微調整は行えません。

さらに、ロフトとライの組み合わせは全表の4つに限定されますので、ライ角を変えずにロフト角だけ1°上げ下げする等、完全に組み合わせ自由な調整は行えません。

ちなみに、テーラーメイドのM5・M6ドライバ―に搭載されているカチャカチャでは、ポジションがもう少し細かく設定されていまして、スリーブの回転が30°ずつで12通りのセッティングから選ぶことができます。

M5ドライバー・M6ドライバーのロフト角調整機能について

RMXの調整機能、RTSで実際にシャフトを交換している動画


実際にRTSを使っている動画です。同一シャフトで角度調整している場面ではなく、シャフトそのものを交換していますが、レンチを使った脱着の様子を確認することができます。

新RTS・旧RTSの互換性について

PINGのG400とG410のように互換性がない場合、シャフトを有効活用できず、残念な思いをすることがあります。しかし、ヤマハのRTSスリーブは互換性が高くなっています。

スリーブ 調整 ヘッド
RTSスリーブ
(2015年以降)
ライ角
ロフト角
旧RTSスリーブ
(2013年、2014年)
ライ角
ロフト角 ×

新しい方のRTSスリーブは、2013年、2014年のRMXヘッドに装着可能で、ロフト角もライ角も調整可能です。

一方、旧RTSスリーブは、2015年以降のRMXヘッドに装着可能なものの、角度調整はライ角のみで、ロフト角の調整は行えません。

シャフトの取り外し・取り付け


引用:https://golf.yamaha.com/wp-content/themes/inpresx2013/pdf/catalog2020.pdf

ヘッドとシャフトの取り外し・取り付けは、付属の専用レンチを使って行います。図では取り付けが先になっていますが、まず取り外しを説明します。

取り外しは、専用レンチを刺し込んで、半時計まわりに10回ほど回転させます。

取り付けは、希望のスリーブポジションをホーゼルの矢印に合わせて差し込みます。今度は時計回りに専用レンチで締め付け、「カチッ」と音がするまで回転させます。

旧RTSスリーブは新RTSスリーブに交換できる

2013年・2014年モデルのの旧RTSスリーブは、アフターサービスで8000円(税抜き)にて新スリーブに交換することが可能です。

2013年・2014年モデルの旧RTSスリーブから新RTSスリーブへの交換はアフターサービスにて対応致します。価格:8,000円+税(ドライバー用RTSスリーブ→FW/UT用RTSスリーブへの変更はできません)
引用:https://golf.yamaha.com/wp-content/themes/inpresx2013/pdf/catalog2020.pdf

上記の通り、2020年モデルのカタログに記載されていますが、いつまで対応しているかの記述はありませんでしたので、検討されている方は注意が必要かもしれません。

ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想

 

ヤマハ RMX 120ドライバーと220ドライバーの違い

ヤマハから2019年後期に発売のRMX 120ドライバーと220ドライバーの違いについて取り上げます。

RMXの2020年モデルは、120と220の2種類

RMXドライバーは、前作、前々作と同様に、2種類のヘッドサイズが用意されています。数字が若い方のRMX120ドライバーはヘッドサイズ455ccで上級者向けモデルです。もう一方のRMX220ドライバーはヘッドサイズが460ccで重心が深くアベレージゴルファー向けです。

ヘッド体積の差が縮まっている

RMXドライバーは、テーラーメイドのMシリーズと同様に上級者向けとアベレージ向けでヘッドサイズに違いが設けられていますが、この差が縮まっています。

モデル ヘッド体積 モデル ヘッド体積
2016年 RMX116 445cc RMX216 460cc
2018年 RMX118 445cc RMX218 460cc
2020年 RMX120 455cc RMX220 460cc

過去2つのモデルは小ぶりな方が445ccで、15ccの差がありましたが、2020年モデルではRMX120ドライバーが455ccと大きくなりましたので、RMX220ドライバーとの差は僅かに5ccとなりました。

スリクソンのZシリーズ、タイトリストのTSシリーズでは2018年モデルでヘッド体積差がなくなったことで話題となりました。RMXについても、同じ方向に進んでいるようです。上級者向けドライバーの殆どが460ccとなる日もそう遠くはなさそうです。

新構造のBoostringは、120・220の両方に搭載!

出典:https://golf.yamaha.com/rmx_20/index.html

今作のRMX 120・220ドライバーの最大の目玉は、Boostringという新構造が採用されている点です。

Boostringとは、リブとホーゼルでフェース近傍をリング状に固定する技術のことで、フェースのやや後方でヘッドを一周する形で剛性を高めることで、ヘッド全体で無駄に撓んでしまうのを抑え、エネルギーが効率的にボールスピードのアップに転換されます。

出典:https://golf.yamaha.com/rmx_20/index.html

撓み方を制御するというコンセプトは、キャロウェイのJAILBREAKに近いです。

120はディープ、220はシャロー

ヘッドを横から見くらべてみると、120の方はぷっくりしていてディープで、操作性が高い形状となっています。

220の方はヘッドが薄くシャローになっています。アベレージ向けでよくみられる低重心・深重心の形状で、慣性モーメントが大きく、オフセンターヒット時の弾道や飛距離のバラツキを抑えてくれます。

RMX120ドライバーは、思い切り叩ける

RMXドライバーは、飛距離性能と慣性モーメントの大きさが謳われていますが、120に関しては「思い切り叩ける」モデルと表現されています。ヘッドスピードの速いゴルファーが、左へのミスを恐れず、思い切り叩いていけます。

RMX220ドライバーは、曲がらない

RMX220は、ストレッチが長くRMX120よりも1cm重心が深いため、大きな慣性モーメントを有していることが大きな違いの一つです。打点のズレに対して、方向性や飛距離のブレが少なく、とにかく真っすぐ飛びやすくなっています。

普段、打点がなかなかセンターに集まらず、曲がったり球が伸びなかったりしている方におすすめの重心設計です。

調整機能の違い

ロフト・ライの調整機能は120、220の両方に搭載

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

RMXの特徴であるスリーブによる調整機能は、120、220の双方に搭載されています。ロフト角はー1°、0°、1°の調整ができ、ライ角はロフトの変更に伴って、0°、0.75°、1.5°に変更されます。

調整項目 NORMAL HIGH UPRIGHT LOW
ロフト角(°) 0 1 0 -1
ライ角(°) 0 0.75 1.5 0.75

120ドライバーは、可変ウェイトにより重心調整もできる

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_120.html

RMX120ドライバーの方は、さらにソール後方に搭載されているウェイトを、オプションで交換することができます。標準で6gが装着されていて、オプションでは、3~9gまで1.5g刻みで全5種類あります。

RMX 120ドライバー・220ドライバーの試打動画

前作のRMX118、218と今作のRMX120、220の4本を打ち比べた試打動画です。

120と220を打ち比べて、適合ゴルファーについて解説されています。

RMX 120ドライバー・220ドライバーのスペック比較

モデル RMX 120 RMX 220
ロフト角 9.5/10.5°(±1°) 9.5/10.5°(±1°)
ライ角 59°(59.75°、60.5°) 60°(60.75°、61.5°)
ヘッド体積 455cc 460cc
フェ―ス角
クラブ長さ 45.5インチ 45.5インチ
慣性モーメント(g・cm2) 5,180 5,760
重心高 30.5mm 30.5mm
重心深度 43.5mm 44.5mm

RMX220の方は、ヘッド体積が5cc大きく、重心深度は1mm深く。ライ角は1°アップライトになっています。つかまり、直進性、安心感など、やさしさにつながるスペックがRMX220の方で強調された設計になっています。

インプレス inpres UD+2 ドライバー 2019と2017の違いを徹底比較

ヤマハのインプレス inpres UD+2 ドライバーについて、2019年と2017年のモデルの違いを取り上げます。

インプレス inpres UD+2 ドライバー 2019と2017

「2番手上の飛び」というキーワードで一躍注目モデルとなってinpres UD+2。アイアンだけでなく、ドライバーも人気のモデルとなっています。

左が2019年モデルで、右が2017年モデルです。外観はどちらもブルーを基調としていますが、ブルーのラインが2019年の方が細く、シャープな印象があります。

inpres UD+2 ドライバーのクラウンの比較

クラウンを並べてみますと、基本的な形状は同じで、安心感が持てるどっしりとしたヘッドとなっています。アドレスの際に目安となるマークは、若干、デザインが変わり、2019年モデルの方が見やすくなっています。

2019年モデルはフェースが外側に移動している

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

フェースの位置が、2017年モデルと比べて2019年モデルは3mmトゥ側に移動しています。これにより、重心距離は長くなる方に働きますが、スイートスポットのスイング回転半径が大きくなりますので、ボールスピードのアップにつながります。

大きな重心角でボールのつかまりが良い

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

inpres UD+2ドライバーと言えば、大きな重心角が魅力の一つです。2017年モデルは34°で、2019年モデルは33°と1°小さくなりました。しかし、一般的なドライバーの重心角が22°ぐらいとも言われていますので、思い切った重心角であることは変わりません。

ヘッドの返りが良く、ボールのつかまりの良さで、スライスに悩むゴルファーには心強い重心設計となっています。

ソール一体型ウェイトで低重心・深重心設計

大きな重心角についで、もう一つの特徴的な設計がソール一体型ウェイトです。前作では40gだったところ、今作では37gと3g少なくなっていますが、低く後ろに思い切った重量配分は引き続きなされています。

慣性モーメントが大きくなることで、ミスの許容度が上がるだけでなく、ボールの打ち出しの高さにも貢献してくれます。

inpres UD+2ドライバーのスペック

スペック面では大きな変更はありませんので、前作を使っていた方も、違和感なく進化した2019年版を使えるものと思います。

2019年モデルのスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:61°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:286g(S)、281g(SR)、279g(R)
  • 重心角:33°

2017年モデルのスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:61°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:283g(S)、281g(SR)、279g(R)
  • 重心角:34°

ヘッドスピードの目安

メーカー公式サイトにで、インプレスUD+2ドライバーの標準シャフトのフレックスとヘッドスピードの推奨値が掲載されています。

  • S:39~44m/s
  • SR:37~42m/s
  • R:34~39m/s

インプレスUD+2ドライバー 2019、2017の試打・評価

インプレスUD+2ドライバー2019と2017の評価・試打の感想等については、それぞれまとめてありますので、下記記事をご覧ください。

ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハ inpres UD+2 ドライバーの試打・評価・感想

 

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ヘッドスピードがあまり速くない方、ヘッドスピードが下がってきた方は、クラブ重量が軽めのドライバーに変えることで、スイングしやすく結果的に飛距離が上がるというケースが多々あります。
当記事では軽量ドライバーでおすすめのモデルをランキング形式で紹介します。現在のドライバーが少し重くて扱いづらいかも、というゴルファーは参考にしてみてください。

第1位 ゼクシオプライムドライバー(クラブ重量:250g)

前作より2g軽量化され、10.5度のRでクラブ重量は250gです。ヘッド体積はしっかり最大サイズの460ccありますので、安心感もあります。
クラブの長さは46.5インチとやや長めになっていますので、飛距離アップにつながりますが、体格やスイングによっては長すぎると感じる方もいるかもしれません。

第2位 マジェスティ プレステジオ テン ドライバー(クラブ重量:255g)

マルマンのマジェスティ プレステジオ テン ドライバー。10.5度のRスペックでクラブ重量は255gです。
シャフトには航空宇宙分野で開発された素材が使われており、Rスペックで38gという軽さです。クラブ長さは47インチとなります。

第3位 PHYZ ドライバー(クラブ重量:266g)

ブリヂストンから3年ぶりに発売されたPHYZの5代目ドライバー。10.5度のR-LIGHTで、クラブ重量は266gです。32度という大きな重心角も特徴の一つで、スライサーにはとても心強いドライバーです。

と、ここまでで本来は軽量クラブの紹介は終わるところですが、そこまで軽くなくても良いというゴルファーもいると思いますので、引き続いて人気モデルで270g台のドライバーを取り上げます。

第4位 ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン(クラブ重量:272g)

キャロウェイのROGUEから発売されている軽量モデルです。ROGUEスターモデルよりもシャフトが2g、グリップが10g軽量化され、クラブ重量はRスペックで272gです。シャフトの調子も先中から元中になっていて、振り遅れに対応しています。

第5位 Mグローレドライバー(クラブ重量:273g)

テーラーメイドのグローレとMシリーズの融合により誕生したMグローレドライバーです。グローレにMシリーズの飛びのテクノロジーが搭載された真に良いとこ取りモデルです。クラブ重量はRスペックで273gです。

第6位 インプレス UD+2ドライバー(クラブ重量:279g)

ヤマハから発売のinpres UD+2ドライバー。PHYZよりも1度大きい33度の重心角を持ったドライバーです。ライ角も61度ありますので、つかまりという点にとことん拘ったモデルです。クラブ重量は10.5度のRスペックで279gとなっています。クラブ長さは45.75インチです。

以上、超軽量のドライバー3点(1~3位)と、割と軽めの270g台のドライバー3点(4~6位)をご紹介しました。他にもタイトリストのVG3、本間ゴルフのBeZEALやダンロップのゼクシオ10など、軽いドライバーはまだまだありますが、おすすめ3点に絞って紹介しました。

「おすすめドライバー」関連の記事

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

初心者にオススメの1万円代で買える中古ドライバー!おすすめランキングTOP3