ヤマハ」カテゴリーアーカイブ

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

メーカーのホームページやカタログなどでドライバーのスペックを見ると、実に様々な情報が掲載されています。詳しく掲載しているものでは、重心設計の数値も公開されています。重心がどのようにクラブや弾道に影響するのか、今回は重心角を取り上げます。

重心角とは?

出典:https://www.honda.co.jp/golf/theory/swing20171019/

まず重心角とはどのようなものでしょうか?

上図のようにクラブをテーブルにおいた場合、ヘッドの自重により回転します。この時、地面に対する垂直面からフェース面が傾いた角度を重心角と言います。

重心角は何で決まるか?

重心角の決まり方は、先ほどの図をみて分かる通り、重心位置が重要な要素となります。重心位置については、物理学的な話になってきます。ヘッドのような立体物では重心点があり、これは立体の空間距離としての中心とは異なり、重さとしての中心位置です。つまり、重さの面で前後左右上下で最もバランスが取れる位置となります。

そして、重心位置がフェース面から奥にあればあるほど、重心角は大きくなります。つまり、重心角は重心深度に依存して決まってきます。

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

重心角が大きいクラブとは?

重心の位置が遠く深いクラブは、重心角が大きくなります。そのため、大型ヘッドの場合、重心位置もフェース面から離れていきますので、重心角は大きくなります。

また、ヘッドが大型でなくても、ヘッド後方に重量を配分しているクラブでは、重心位置が後方になりますので、重心角が大きくなります。

重心角が大きいかどうかは、実際の角度の大きさで判断します。大凡ですが、23°以上であれば重心角が大きいドライバーと考えて良いでしょう。

重心角が大きいとどうなる?

重心角が大きいと、ヘッドが返りやすく、つかまりが良くなります。弾道としては、右へのミスが減り、スライスが抑えられます。

つかまりが良いということは、ひっかけやすいとも言えますので、フッカーが使うと左へのミスが出やすくなってしまいます。

反対に重心角が小さいクラブはヘッドが返りにくいので、操作性が高くなります。

※参考:重心角とヘッドの返りについて

ゴルファーがクラブを構える時は、平均的にはフェースを打球方向と垂直にします。この向きは人間が決めるもので、ゴルフクラブという物体としては、先ほど述べた通り重心により向きがきまりますので、重心角の分だけ回転した位置が、最も居心地がよく自然な状態となります。

スライサーは重心角が多いなドライバーがおすすめ

重心角が大きいと、ヘッドが返りやすいためスライスの防止に寄与します。スライスに悩んでいるゴルファーは、重心角が大きなドライバーを試してみることをおすすめします。

重心角が大きなスライサーにおすすめのドライバー

最後に、重心角が大きいドライバーを紹介します。

インプレス UD+2ドライバー

重心角が33°と非常に大きなドライバーです。スライス防止も意識して開発されています。

ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

 

ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハから2018年後期に発売されているinpres UD+2ドライバー。前作が発売されたのが2016年、”2番手上の飛び”というゴルファーには何とも魅力的なコンセプトのインプレスUD+2は、ドライバー、アイアン共に人気のモデルとなりました。

2年を経て発売されたニューモデルの特徴について、試打の感想などを織り交ぜながら紹介します。

前作のヤマハ inpres UD+2 ドライバー 2017の試打・評価・感想

最大の特徴は大きな重心角による、つかまりの良さ!

前作と同じく、inpresUD+2ドライバーの特徴として一番に取り上げたいのは重心角です。今回のニューモデルでも思い切った設計は踏襲されていて、重心角は33°となっています。

出典:http://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

日本の殆どのゴルファーがスライサーだとも言われていますので、極端な設計でありながらも、かなりのゴルファーがターゲットとなります。

有村智恵プロによるinpres UD+2ドライバー 2019の試打・評価・感想

・アドレスした時に安心して使えそうな顔をしている。
・つかまる。右に曲がらず前に前に行く。
・フェースに乗ってる感じがする。
・つかまりながら、真っすぐ飛ぶ。

ソール一体型ウェイトは、ヘッド重量の20%を占める

今作もソール一体型ウェイトが採用されており、ウェイト重量がヘッド全体の20%を占めています。重さとしては37gになりますので、ねじ式のものと比べてもかなりのウェイト感があります。

前者の重心角と相まって、徹底的な低重心・深重心となっており、ボールのつかまりがよく、上がりやすくなっています。

全力試打!ギア王 inpres UD+2ドライバー 2019の試打・評価・感想

・丸顔で大きさを感じずに構えられる。
・弾道は初速が速く、直線的に飛んでいく。
・吹き上がることもなく、スライスが出ない。
・クラブ重量が軽いため、最後まで振り抜ける。

スイング回転半径を大きくする工夫が採用されている

ここまでは2017年モデルでも搭載されているテクノロジーですが、今回、新しい点として、グース気味な構造となっています。フェースの中心位置を外側(トゥ側)にずらすことで、スイング半径が大きくなり、スピードアップにつながるという仕組みです。

派手さはありませんが、着眼点が日本メーカーらしく、飛距離アップにとことん拘っている姿勢が感じられます。

ゴルフ5スタッフによるinpres UD+2ドライバー 2019の試打・評価・感想

・深重心でつかまりが良い。
・ストロングロフトになっているので、球が上がり過ぎずにスライスが抑えられる。
・球が前に前に飛ぶ。

inpres UD+2ドライバー 2019のスペック

ヘッド体積はルール限界の460cc、ロフトは9.5°と10.5°を選ぶことができます。ライ角も61°と大きめですので、この点もつかまりの良さに寄与してくれそうです。

クラブ重量はスペックによりますが280g前後と軽い部類に入りますので、スライサー、スイングスピードが速くない、飛距離が伸びない、というゴルファーには、是非、試打してみたいドライバーです。

前作のヤマハ inpres UD+2 ドライバー 2017の試打・評価・感想