飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 スピンがかかるウェッジ 」 一覧

GLIDE 4.0ウェッジの最新情報まとめ!スペック・評価・発売日

PINGから発売のGLIDE 4.0ウェッジについて、最新情報を取り上げます。

GLIDE 4.0ウェッジの特徴

GLIDE 4.0ウェッジは、GLIDEシリーズの第4世代のウェッジとなります。

前作に当たるGLIDE 3.0ウェッジは2019年に発売されていますので、3年振りのニューモデルとなります。

グラインドの種類は、前作と同じ4種類

ウェッジを特徴付けるソール形状は、前作のGLIDE3.0と同じ4種類です。

呼び方が、ソールからグラインドに変わりましたが、S、EYE2、W、Tで中身は同じです。

グラインド 特徴
S(スタンダード) ロフトバリエーションが豊富
様々なライからでも対応可能
EYE 2 名器PING EYE 2の形状を再現
バンカーから楽に脱出可能
W(ワイド) トゥ側とソール中央部が広い設計
寛容性に優れ、ダフリ防止に効果的な形状
T(シン) 最もソール幅が狭い
フェースを開いたロブショットに最適
グリーン周りからの多彩なショットが可能

PING契約プロも、早速、移行

PGAツアーの選手たちも、早速、GLIDE 4.0ウェッジを取り入れています。PINGのUS公式サイトの情報によると、キャメロン、チャンプ、コーリー・コナーズ、トニー・フィナウ、バッバ・ワトソンといった選手が挙げられます。

ツアープロが乗り換えるかどうかは、そのモデルの良さを表す大きな指標とも言えますので、評価は上々のようです。

エラストマーCTPが拡大

出典:clubping.jp

フェースの裏側には、エラストマーCTPが約36%拡大して搭載されています。

この素材はウェッジ以外にもi210アイアンなどにも採用されていて、心地良い打感と打音を実現してくれます。

エメリーブラスト仕上げ

出典:clubping.jp

溝の表面は、エメリーブラスト仕上げが採用されていて、敢えて粗く仕上げられています。

これにより、摩擦力がアップすることで、様々な状況でスピンの再現性が高まっていて、ショットの正確性・安定性の向上につながります。

GLIDE 4.0ウェッジの公式動画

GLIDE 4.0ウェッジのスペック

Sグラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
46 64 12 35.5
50 64 12 35.5
52 64 12 35.5
54 64.3 12 35.25
56 64.3 12 35.25
58 64.5 10 35
60 64.5 10 35

EYE 2グラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
54 64.3 10 35.25
56 64.3 10 35.25
58 64.5 8 35
60 64.5 8 35

Wグラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
54 64.3 14 35.25
56 64.3 14 35.25
58 64.5 14 35
60 64.5 14 35

Tグラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
58 64.5 6 35
60 64.5 6 35

シャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは6種類です。

シャフト名 硬さ 重量 トルク 調子
NSプロ MODUS3 TOUR 115 S 118.5 1.6
NSプロ MODUS3 TOUR 105 S 106.5 1.7
NSプロ 950GH neo S 98 1.7
NSプロ 850GH neo S 88 2
Z-Z115 111 1.2 中元
DG EX TOUR ISSUE S200 131

GLIDE 4.0ウェッジの発売日・発売価格

GLIDE 4.0ウェッジの発売日は、2022年5月13日です。発売価格はシャフトにより異なります。

  • スチール:27,500円(DG EX TOUR ISSUE以外)
  • DG EX TOUR ISSUE:29,700円
  • カーボン:30,800円







SM9とSM8ウェッジの違いが興味深かった件

タイトリストから発売のSM9ウェッジ。 SMシリーズのウェッジは、ツアープロ使用率がNo.1として知られていて、上級者だけでなく幅広いゴルファーに絶大な人気があります。 注目のSM9ウェッジにについて …

Vokey SM9ウェッジの最新情報まとめ!スペック・評価・発売日

タイトリストから発売のSM9ウェッジについて、最新情報を取り上げます。 Vokey SM9 ウェッジ Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA Vokey SM9ウェッジの特徴 グラインドの種 …

ウェッジでフェースを開く理由を徹底解説!メカニズムを理解

バンカーショットや深いラフからのウェッジでのショット。 思い切りフェースを開いているシーンを見かけたり、ご自分でもやったことがある方は多いと思います。 感覚的には分かっていても、何故、フェースを開くの …

クリーブランドの「RTX(ローテックス)」の意味を徹底解説!

クリーブランドのウェッジは数多くのツアープロにも利用されていて、人気のウェッジメーカーの1つです。 最近のモデルは、主にRTXシリーズが発売されていて、スピン性能の高さに定評があります。 本記事では、 …