ブリヂストン」カテゴリーアーカイブ

5代目となるPHYZ ファイズ ドライバー 2019についてメーカー担当者が解説

PHYZ ファイズドライバー(2019)について、メーカー担当者が商品コンセプトを語った動画が公開されています。

商品コンセプトについて解説(動画1)

  • PHYZを購入するゴルファーのヘッドスピードを調べて見ると、下がっている傾向がある。
  • ヘッドスピード38m/s以下の方に提案するクラブ、そして、長く楽しんでもらえるクラブ、というのがPHYZのコンセプトとなっている。
  • 3~4年前までは平均ヘッドスピードが40m/sぐらいだったが、現在は38m/sと見ている。
  • 今作の開発サイクルは2年とは考えてなく、長く考えている。
  • PHYZのボールもヘッドスピード38m/sの方がもっと飛ばせることを考えて開発している。
  • カラーリングは、初代のPHYZの緑が印象深いということで、今作も踏襲している。
  • ターゲットはヘッドスピード38m/s以下のゴルファーが対象で、シニア向けと限定するものではない。
  • 若いゴルファーでヘッドスピード30台のゴルファーが使っても問題ない。

PHYZの最適ゴルファーや今後のレディース向けについて言及(動画2)

  • ヘッドは軽いが、シャフトが男性向けで、女性には長い。女性向けはまた新たに分析して投入ということになる。
  • 高齢化に向き合って、スポーツを愛する会社として、ヘッドスピード38m/s以下でも、よりゴルフを長く楽しんで使ってもらえるモデルとしてPHYZを投入した。

「PHYZ」関連のおすすめ投稿

PHYZ ファイズ ドライバー 2019の最新情報

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

PHYZ ファイズ ドライバー 2019の最新情報

ブリヂストンから発売の PHYZ ファイズ ドライバー 2019について取り上げます。

PHYZ ファイズドライバー、3年ぶりにニューモデルが登場!

引用:https://www.bs-sports.co.jp/

こちらがPHYZ ファイズドライバーの外観です。5代目となる今作は、前作と同じくグリーンを基調とした落ち着いたカラーリングになています。

ちなみに、前作は2016年3月に発売されましたので、3年を経てのリニューアルとなります。

PHYZ ファイズドライバーは軽量化が進んでいる!シャフトの選択で更なる軽量バージョンも選べる!

PHYZ ファイズドライバーの特徴の一つがクラブ重量です。標準シャフトの装着で、270gとなっていますので、ゼクシオ10ドライバーMグローレドライバーよりも軽いクラブに仕上がっています。

体力面の変化を感じていたり、ヘッドスピードが落ちてきた方には、是非、試して見たい軽さのクラブです。

さらに、同じフレックスRで4g軽いシャフトも用意されていますので、こちらを選択することで、266gの超軽量クラブとなります。

重心角がぐっと大きくなっているため、つかまりが良くスライス改善につながる!

引用:https://www.bs-sports.co.jp/

もう一つの特徴が重心角です。上図を見ると分かる通り、重心角が極端に大きく設定されています。そして、クラブの軽量化も相まって、ふりやすく、つかまりが良いクラブに仕上がっています。重心角は32度と非常に大きく取られていて、インプレスUD+2ドライバーに匹敵し、スライスに悩んでいるゴルファー向けの設定となっています。

ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

ヘッド内部には、パワー・スリットを搭載!

ヘッド内部には深さ0.2mmの溝が施されています。これにより、オフセンター時のボール初速の低下を抑えてくれます。

弾性が違うカーボンファイバーが組み合わさったシャフト

シャフトの先側は、異なる弾性率のカーボンファイバーが組み合わせされていr、ヘッドを加速させ、最適な打ち出し角と スピン量で効率的な飛びを生み出してくれます。

PHYZ ファイズドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5度
  • ライ角:59度
  • ヘッド体積:460cc
  • シャフト長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:270g(Rシャフト)、266g(R-Lightシャフト)
  • 標準シャフト:PZ-409W

PHYZ ファイズドライバーの発売日・価格

ファイズドライバーの発売日は2019年3月8日が予定されています。メーカー希望小売り価格は、¥72,000+税です。

ヘッドをたわませて飛ばすオススメのドライバー3本!飛距離をアップ!

最近のドライバーのキャッチコピーや搭載機能を見てみると、少し前とメーカーが注力するポイントに変化が見られます。

少し前は、「スリット」や「ウェイト調整」が売りになっていたが・・・

数年前のドライバーでは、ソールやフェース裏面などにスリットを入れ、反発力や許容性を上げるモデルが多くみられました。もう一つはウェイト調整機能。ソール側にスライダーが付いていて、ドロー・フェード、スピン量調整が行えるモデルがぐっと増えました。

これらはとても素晴らしい機能のため、一過性のものではなく、最近のドライバーにも搭載され続けているものが多いです。

しかし、最近のドライバーではメーカー各社のPR文言を見ていると、力を入れる点が変わってきたことが分かります。

最近のドライバーは「たわみ」が主流!

かなり多くのモデルで「たわみ」というキーワードを強調しています。インパクトの際にヘッドがボワンとたわみ、それが復元することでボールスピードが上がる、というメカニズムです。

ここまで少々長くなりましたが、最近の主流である「たわみ」を活かしたドライバーについて、おすすめのモデル3本を紹介します。

キャロウェイ ROGUE スタードライバー

撓んで飛ばすと言えば、まず思い浮かべるのがキャロウェイのEPICで初めて搭載されたJAIL BREAKテクノロジーです。

低重心・深重心に苦心するモデルが多い中、重量感ありそうな2本の柱をヘッド前方に据えた画はインパクト充分。上下方向の無駄な撓みを抑えて、効率的に撓みをボールに伝えてくれます。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

最初に触れた通り、このテクノロジーはEPICにも搭載されていますので、GBB EPICスターを好んで選ばれるゴルファーも少なくありません。

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

ちなみに、最近話題となっているEPIC FLASHにもJAIL BREAKは搭載と言われていますので、引き続き注目したいモデルです。

https://driver.jpn.org/350/2019%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%b3%a8%e7%9b%ae%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%af%e3%80%81epic-flash%e3%80%81m5%e3%80%81m6%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%81%ef%bc%9f/

ブリヂストン TOUR-B XD-3 ドライバー

ブリヂストンと言えばゴルフともう一つ、タイヤです。PRGRも横浜ゴムですから、ゴルフとタイヤは研究開発からみて親和性が高いのでしょうかね。それはさておき、ブリヂストンのTOUR B XD-3ドライバーは、タイヤの技術が取り入れられています。

クラウンに金属弦が張られていて、たわんだ時の復元のスピードを速めてくれます。キャロウェイがたわみの生じさせ方にフォーカスしているのに対して、ブリヂストンは復元の仕方にフォーカスしているのが興味深いです。

ブリヂストン TOUR B JGR ドライバーの試打・評価、感想

ミズノ GX ドライバー

ミズノから発売されているGXドライバーは、ソールに溝が施されていて、たわんで飛ばすことができます。実際、平らなソールよりもたわみ量が多いそうです。

さらに、フェースも周辺部が薄くなっていて、フェース自身もたわみます。

出典:GXドライバー ミズノ公式ページ

ミズノ GXドライバーの試打・評価・感想

以上、たわんで飛ばすドライバー3本を取り上げました。たわみ以外にも弾道をセンターに戻してくれるモデルや、低スピンの強弾道で飛ばすモデルなど、飛距離アップの実現方法は様々です。

ご自身の課題と照らし合わせて、最適なドライバーを選ぶことで、飛距離アップを図りましょう。

ブリヂストン TOUR B JGR ドライバーの試打・評価、感想

ブリヂストンから2017年後期に発売されているTOUR B JRGドライバー。「クラウンのたわみが生み出す高初速であなたの中の眠れるチカラが牙をむく。」というサブタイトルで売り出されており、このモデルが目指しているところが、ヘッドの撓みによる飛距離アップであることがうかがえる。

クラウンに搭載された2種類のパワースリットがたわみを最大化

クラウンの前方と中ほどに2種類のパワースリットが搭載されている。これにより、効率的にたわむ効果が生み出され、ボール初速のアップにつながる。

パワーリブによりソールの剛性アップ

ソールに搭載されたリブは、ソール全体を前方からの衝撃に対してがっちり抑え込むような形状をしており、ソールの剛性を高めている。これにより無駄なたわみをうまず、高初速に加え、高弾道の効果を生み出してくれる。

TOUR B JGRドライバーを試打した評価と感想

(宮里藍)
柔らかいけど弾き感もあるので、バランスが良い。

(三ヶ島かな)
打感は軽い感じ。芯がある感じで弾く。弾くわりには曲がらない。

(公式ページに寄せられている感想のサマリー)

「素振りの段階でヘッドスピードがアップしたかのようなヘッドの走り。打球は若干高弾道で軽いドロー。シャフトがボールをまっすぐ前へと押し出しているような感触です」

「オートマチックドローと言われたGRに頃は、 左に引っ掛けるチーピンがあった。 しかし、JGRでは、直進性性能が高く、安心してドライバーを振る事が出来る」

「JGRに替えてから球が高くなり伸びのあるボールが打てるようになりました!スイングは何も変えていないけど勝手に打球が変わったので不思議です。何ヤードも距離が伸びた訳では無いですが安定して楽にドライバーが打てる」

http://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/jgr.html