ブリヂストン」カテゴリーアーカイブ

TOUR B JGR 2019年モデルの評価・くちこみをまとめました

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。

GRとしては8代目、JGRの名では3代目、ツアーB JGRでは2代目

ツアーB JGRドライバ―は、2017年に同名のモデルが発売されています。その前は「ツアーB」が付かない「JGRドライバ―」という名称で、更に遡るとツアーステージ X-DRIVE GRドライバーというモデルに辿り着きます。

こちらが2007年に発売の初代ツアーステージ X-DRIVE GRドライバーで、このモデルから数えると2019年モデルは8代目となります。ツアーステージというと筆者は宮里藍ちゃんを思い浮かべますが、今はもうこの名前は使われていません。

黄色いネジの正体は、反発エリアを拡大するSP-COR

今回、この黄色いネジの画像が先に流出しまして、さまざまな憶測を呼びました。ジャパンメーカーもティザー広告を上手に使えるのだなと感心しつつ、やはり興味はこのネジの正体。

まず、このネジを含めた機構は、SP-COR(サスペンションコア)と呼ばれ、芯の反発をルール上限を超えないよう抑えつつ、その周辺の反発エリアを拡大してくれます。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

反発エリアの拡大については、上図がとても分かりやすく表しています。一点をネジで裏から抑えることで、反発性能がルール超過するのを抑えますが、抑えてないところは反発が高まった状態になるというメカニズムです。

ルール超過を抑えるということですので、上図にSP-COR導入前の図を入れてもらえると更にわかりやすいと思いますが、某社の技術と部分的に重なると捉えられる懸念があるのかもしれません。
何れにしても、反発エリアが広くなり、試打者からは上々の評価が聞こえてきていて、2019年後期の注目ドライバーとなっています。

ツアーB JGR ドライバー 2019のSNSでの評価・感想・クチコミ

ツアーB JGR ドライバー 2019の評価・感想・クチコミ

前作も球のつかまりと打ちやすさで人気が高かったですが、この最新作は全体的にかなりブラッシュアップされていますよ。そのうえ打感がいい。反響音が抑えられていて、上級者が好みそうな引き締まったフィーリングになりました。

オフセンターヒットに強く、前作よりスピン量も少し減っていると思います。確実に飛ばしやすくなっています。

純正シャフトは、中間から先が素早くしなり戻るタイプ。中調子に近い先中調子という感じ。対象ヘッドスピードは、硬さがSで40~43m/sぐらいだと思います。
引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/newreport/article/100473/1/?car=fromNewsSearch

クラウンはカーボンではなくフルチタンらしい。ヒール寄りにウェートが見えるので、つかまりも良さそう。
引用:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17274454

ヒールに装着されているウェイトは、オプション購入で交換することができます。標準では10gが装着されていて(一部スペックでは8g)、2~20gまで2g刻みで用意されています。この位置のウェイトはボールのつかまりを大きく左右しますので、よりボールをつかまえたい方は重いウェイト、逃がしたい方は軽いウェイトにすると良いでしょう。なお、カチャカチャ式と呼ばれるシャフト抜き差しの機構は搭載されていませんので、ロフト角の変更は行えません。
出典:https://golf-club-news.com/1531/%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BCb-jgr-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%81%AE3%E4%BB%A3%E7%9B%AE-2019%E5%B9%B4%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/

飛距離性能にプラスして、SP-CORの先端部にポリマー(熱可塑性ウレタン)を採用したことで、打感も弾きと吸い付きがバランスよく感じられるとのこと。さらにソールの剛性が上がったことで、つかまりの良い高弾道が打てる設計になったそうだ。
出典:https://news.golfdigest.co.jp/news/gear/article/102490/1/

TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

当記事はTOUR B JGRドライバ―の2017年モデルと2019年モデルの比較を行っています。2019年モデルについて詳しく知りたい方は、下記の試打・評価記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

ブリヂストンから発売のTOUR B JGRの2019年モデルお2017年モデルの違いについて解説します。

JGRドライバ―は、GRドライバーから続く8代目モデル

JGRシリーズは、やや懐かしさのあるツアーステージX-DRIVE GRドライバーからの継承関係にあります。X-DRIVE GRは5代目まで発売され、その後、2015年にJGRドライバ―、2017年にTOUR B JGRドライバー、そして、2019年は2017年と同一名のTOUR B JGRドライバーが発売となっています。

GRから数えると、2019年モデルは8代目、JGRで数えると3代目、ツアーB JGRで数えると2代目となりますが、8代目という数え方が多いようです。

2017年モデルは撓みにフォーカスしたモデル

出典:https://www.bs-golf.com/

2017年モデルでは、「飛距離モンスター」というキャッチコピーが付けられ、飛距離を前面に謳ったモデルです。

出典:https://www.bs-sports.co.jp/press/2017/g0801_jgr_wood/g0801_jgr_wood.pdf

ソールの剛性を高めることで、クラウンがWAVE状に撓み、高打ち出し・高初速が生み出されるというメカニズムです。

2019年モデルは反発エリアの拡大にフォーカスしたモデル

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

一方、2019年モデルの方は、全く新しい機構が搭載されています。フェースの裏側から反発性能の高いエリアを一点で支え、サスペンション機能を働かせています。

これにより、最も反発するエリアでルールを超過することを抑え、その周辺部の反発性能を高めています。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

従来の設計では、パフォーマンスを発揮してくれるエリアが小さかったのに対して、SP-CORが搭載された設計では、最大反発に近いエリアが広がっています。

2019年モデルは高初速エリアが広く、打点のブレに強い

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

SP-COR(サスペンション コア)が搭載されることで、高初速エリアが広がっていることが分かります。特に左右方向に赤い高初速エリアが広がっていることがわかりますので、左右の打点のズレが大きい方は、ミスが許容され、飛距離ロス・弾道のブレが抑えられます。

2019年モデルもヘッドの撓みは継承されている

2017年モデルは「撓み」、2019年モデルは「反発エリアの拡大」と取り上げると、2019年モデルは撓まないモデルと誤解されそうですが、Boost Power Technologyは引き続き継承されています。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/jgr.html

ソールの剛性を高めた設計に、クラウンの前方にスリットが施され、クラウンが効果的に撓んでくれますので、高打ち出し・高初速の弾道が生み出されます。

2019年モデルはヒール寄りが肉厚に

左が2017年モデルで、右が2019年モデルです。並べてみると、ヘッドシェイプが大きく変わっていることが分かります。

左の2017年モデルは洋ナシに近く、右の2019年モデルは丸形に近いヘッドシェイプとなっています。特に、2019年モデルはヒールよりも体積が確保されています。

一般にこの形状は、ヒール寄りにウェイトを持たせることで重心角を大きくすることで、ヘッドターンしやすく、ボールのつかまりがよくなります。

TOUR B JGR ドライバー 2017と2019のスペック比較

モデル 2017 2019
ロフト角 9.5/10.5/11.5° 9.5/10.5°
ライ角 59° 59°
ヘッド体積 460cc 460cc
長さ 45.5インチ 45.5インチ
標準シャフト JGRオリジナル TG1-5 TOUR AD for JGR TG2-5
クラブ重さ 295g(S) 294g(S)
フレックス S/SR/R S/SR/R

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

★追記2019/08/19
新旧モデルの打ち比べ動画を追加しました。
★追記2019/08/17
コースでの試打動画を追加しました。
★追記2019/08/13
2019年モデルと2017年モデルの違いについては、下記記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

JGRの名では3代目だが、ツアーB JGRでは2代目

JGRは2015年に初代ドライバーが発売されています。その後、2017年にはTOUR B JGRとして発売されていまして、TOUR Bが新たに付されました。そして、2019年モデルもTOUR B JGRという名称で発売されています。

TOUR B JGR ドライバー 2019(3代目)

TOUR B JGRのニューモデルは、5月ぐらいからプロトタイプが確認されていまして、粗方の予想通り、2019年モデルの発売が発表されました。

早速、2017年モデルから乗り換えるツアープロも出て来ています。

黄色いネジの正体は、高反発エリアを広げてくれる新構造だった

試打会情報でも話題になっていてフェースの直ぐ裏にある黄色いネジ状のもの。これは、SP-COR(サスペンションコア)と呼ばれるもので、フェース面の反発をコントロールするテクノロジーです。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

一点を効果的に抑えることでルールオーバーを防ぎ、オフセンターの高初速エリアの拡大が可能に
引用:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

オフセンターエリアの反発をあげようとすると、中心の反発を高める必要がありますが、ルール限界値という壁があります。そこで、ネジで1点を抑えることで、反発性能がルールを超えるのを防ぎつつ、周辺部の反発性能は高くなっていいます。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

テーラーメイドのスピードインジェクションに共通する点も感じられますが、センターを抑え、周りを高めることで、フェース全体として反発性能を広げるという点は、M5、M6と異なります。

ここが重要!ポイント

  • SP-CORにより高反発エリアが拡大している
  • 打点がブレても飛距離のロスが抑えられる

クラウンが効果的に撓んで、高初速・高弾道になる

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/jgr.html

ソール側の剛性がアップし、クラウンにはたわみを促進するスリットが施されていて、クラウンが効果的に撓んでくれます。これにより、弾道は高く、初速は速くなります。

TOUR B JGR ドライバーを3upCLUBが徹底的に試打して解説

  • ヘッドスピード40m/s前後で、持ち球は悪いとスライスが出て、ドライバーが苦手な人、そういったゴルファーがど真ん中のターゲットのクラブ。
    40~43m/sぐらいの人は、純正のTOUR AD XC-5(S)で良さそう。
  • 前作はアップライトなのが気になっていたが、今作は構えやすい。あからさまにつかまるわけではなく、右に逃げない。
  • 打感は弾き感がある。弾道は高い。前作よりスピンが少ない。
  • 打点が左右にずれても、弾道が変わらず、曲がらない。
  • 色々なヘッドスピードでも、打ち出し、スピン量が程よくなるので、幅広いゴルファーが使える。

TOUR B JGRの新・旧モデルを打ち比べして評価

  • 前作はフェースの横幅が長く、左右の慣性モーメントが多きかったが、新作はフェースが小顔でシャフト寄りになっている。ボールのつかまりが良いクラブになっている。
  • 前作はつかまりがニュートラル、新作の方は明らかにつかまる。
  • スピン量も良く、飛距離がでる。

TOUR B JGR ドライバーを試打して解説

  • JGRはつかまる先入観があったが、そこまでつかまらない。
  • 思っていたより弾道が高い。
  • ミート率が高い。打感は硬い。

TOUR B JGR ドライバーの公式PV、プロの試打コメント有り

  • 松田鈴英プロ
    つかまって真っすぐ行く感じがする。
  • 片岡体育プロ
    初速が速い感じがする。
  • 大里桃子プロ
    スイートスポットが広くて、少し芯から外れても真っすぐ行く感じがする。
  • 三ヶ島カナプロ
    前のドライバーより飛んでる。
  • 渡邉彩香プロ
    球が上がりやすい。

TOUR B JGR ドライバー 2019のスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
長さ 45.5インチ
標準シャフト TOUR AD for JGR TG2-5
クラブ重さ 294g(S)
フレックス S/SR/R

TOUR B JGR ドライバー 2019の発売日・発売価格

ツアーB JGRドライバ― 2019の発売日は、2019年9月13日が予定されています。発売価格はシャフトにより異なり、以下の通りになっています。

  • TOUR AD for JGR TG2-5:¥68,000+税
  • AiR Speeder JGR:¥68,000+税
  • TOUR AD XC-5:¥83,000+税
  • Speeder 569 EVOLUTION VI:¥83,000+税
  • Diamana ZF50:¥83,000+税
  • ATTAS 11 5:¥83,000+税

新 TOUR B JGR 2019年モデルの最新情報まとめ

★追記2019/08/17

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、最新情報をまとめました。

JGRドライバーについて

JGRは2015年に発売され、2017年にはTOUB JGRが発売されています。そして、2019年はJGR3代目となるTOUR B JGRドライバーが発売されるようです。

「ようです」と書いているのは、公式発表が無いからですが、メーカーによる試打会も行われたというニュースが出ていますので、2019年の発売で間違いないと思っています。

TOUR B JGRドライバーのプロトタイプが5月頃から出ている!



片岡大育プロ、松田鈴英プロ、福山恵梨プロ、その他、ブリヂストンと契約していない金田久美子プロらが、プロトタイプが支給されたというニュースが2019年5月の時点で出ていました。

年度的に2年間隔で調度良い年ですし、プロトタイプの件でTOUR B JGRのニューモデルの発売はほぼ確定的に感じた方が多かったようです。

USGAのコンフォーミングリストにも掲載されている!

引用:https://www.usga.org/

そして、ルール適合のニューモデルを発売するとなれば、申請が必要となります。ドライバーの近フォーミングリストにも2019年5月18日の時点で登録されています。なお、プロトタイプと思われる9.5°のみのモデルは、もう少し前の段階で登録されています。ここから分かることを列挙してみます。

  • 登録モデル名は、Tour B JGR (Version 2)
    JGR3代目という言われ方もされていますが、正式には2015年のJGRは含めず、Tour B JGRの2代目モデルという位置づけのようです。
  • ロフト角は、9.5°、10.5°の2種類
  • ソールにBOOST POWER TECHの文字
    前作日に期続き、BOOST POWER TECHNOLOGYは踏襲され、ヘッドの撓みを生かしたモデルになると思われます。
  • ソール前方にSP、CORの記載
    ソール前方にはセンターに窪みがあり、ネジ状のものが見える。テーラーメイドのスピードインジェクションのように反発性能の調整を行っているのか?詳細は現時点では不明。

シークレット試打会も2019年6月に開催されている!

GDOのニュース記事によると、ブリヂストンによる「JGR」シリーズ次期モデルのシークレット試打会が、2019年6月28日に開催されているとのことです。

フェース裏のネジが新たなテクノロジーか?



注目点はソール前方にある窪みの部分です。フェースのすぐ裏に位置し、フェース方向に向かってネジのようなものが設置されています。その部分に記載されている文字がCOR、SP。CORとは反発係数のことですから、反発性能を高めるための、もしくは、テーラーメイドのように下げて制限値ギリギリにするためのものと、筆者としては推測します。

一般ゴルファーが触るには小さすぎるように感じますので、製造工程のニーズで設置されたもののように思えます。

ヒール側のネジは新JGRでも搭載!



JGRの特徴の一つでもあるヒール寄りのウェイトネジ。JGR 2019年のドライバーにも同様に搭載されています。なお、既にプロトタイプを使ったプロや試打者のコメントから、前作の2017年モデルよりつかまりは抑えられているようです。

つかまり過ぎると、左へのミスが怖く、思い切り叩き辛くなりますので、重心調整がなされた可能性があります。

 

以上、TOUR B JGR 2019 ドライバーの最新情報をまとめました。引き続き最新情報や公式情報が出ましたら、取り上げたいと思います。

★追記2019/08/07
メーカーから公式発表がありましたので、製品の詳細解説・試打動画を新たにまとめましたので、最新情報は下記記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

ブリヂストンのミニドライバー P18-22の最新情報!宮里優作が試打!

ブリヂストンのミニドライバー、P18-22について取り上げます。

P18-22 ミニドライバーを宮里優作が試打!

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮里優作さん(@yusakumiyazato_official)がシェアした投稿

ブリヂストンの新たなミニドライバー P18-22を、宮里優作プロが試打したというニュースがゴルフ系メディアから出ています。

実際に、宮里優作プロのインスタグラムには、P18-22とプリントされたヘッド画像が掲載されています。

P18-22ドライバーの実践投入への準備も整っている


出典:https://www.randa.org/


出典:https://www.usga.org/

実際にP18-22はUSGA、R&Aのコンフォーミングリストに掲載されていますので、実戦で使える状態になっています。

フェース角・ライ角の調整機能を搭載

適合リストの掲載内容を見ますと、ロフト角やヘッド体積の記載はありませんが、ホーゼルにN、R、U、Lの情報があります。

これは、ブリヂストンの調角機能「バリアブル・アジャスト・システム」が搭載されていて、ニュートラル、ライト、アップライト、レフトの8段階の調整機能が可能と思われます。

ヘッドサイズは300cc!

300ccの新モデルはミスヒットへの許容性が増し、さらに「あまり小さく見えない。ぜんぜんでかい」と安心感もプラスされた。
引用:https://news.golfdigest.co.jp/news/tgt/eupg/article/98315/1/

P18-22ドライバーは市販される?されない!?

宮里優作プロのミニドライバーは、今回が初ではなく、昨年末にP43-1というTour B XD-3のプロトタイプを使っています。

今作のP18-22、そして前作のP43-1もブリヂストンの公式ページには掲載が無く、残念ながら市販はされる気配は現在のところありません。

ただ、テーラーメイドからは275ccのOriginal ワン ミニドライバーが発売され、USモデルでありながらも日本のゴルファーにジワジワ人気が出始めています。実際に当サイトではここ1~2ヶ月で最もアクセスがあるのが、下記のOriginal ワン ミニドライバーの紹介記事です。

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバーの最新情報まとめ

タイトリストのTS3やスリクソンのZ785など、上級者向けと言われるモデルが460ccになり、市場の大きな流れはヘッドの大型化なのは間違いありませんが、一方で、ミニドライバーという選択が一部で流行りそうな空気も感じられます。

ミニドライバーを試打した評価・感想

宮里優作プロ:P18-22ドライバー

「ドローを打とうとしたら易しいし、フェードヒッターは出球を左に出したいので、捕まるクラブがいい。だから、とても打ちやすい。試合で早く使いたい。本当に楽しみですね。大型ヘッドの波に飲み込まれちゃっていたんだろうな…って、打ちながら思いました。」
引用:https://news.golfdigest.co.jp/news/tgt/eupg/article/98315/1/

宮里優作プロ:ツアーB プロトのミニドライバー

「3Wよりアイアンに近い感じがします。大きなヘッドだと、ダウンスイングで(アイアンとは)ヘッドの通る位置が違ってくるけど、この1Wだとほぼ変わらない。ドローを打ちたいときも、アイアンと同じイメージで打てる」
引用:https://news.golfdigest.co.jp/news/tgt/eupg/article/84319/1/?car=YahooNewsFeed&ctid=98315_1

テーラーメイド広報:Original One Miniドライバー

あらゆるゴルファーに様々なシーンで活用できるクラブです。例えばアスリートには精度が求められる狭いホールのティショットや、距離の長いフェアウェイからのショット。また、アベレージには簡単に打てる、ドライバーにかわるティショットや3Wよりも寛容性の高いクラブとして使用でき、幅広い層のパフォーマンス向上に貢献します。
引用:https://www.alba.co.jp/gear/news/article/no=125912